So-net無料ブログ作成
検索選択






2013-11-04

テレビのなかで、犬のしつけ方について実演シーンが良くありますね。

よくよく見ると、犬に人間がしつけられているということです。

つまり犬は「自分が鳴けば、人間は相手をしてくれる」と学習しているのです。

そうなってしまうと、頻繁に吠えるということがいつまで経ってもおさまりません。

では、どのような対応をするのが良いのでしょう。

タイミングとして良いのは、犬が吠えていないとき、または吠えるのを止めたときです。

そうすれば「吠えていると人間は相手をしてくれない」と学習するので、

無駄に吠えることが減ってきます。

ここで注意が必要なのは、人間側が折れてはならないということです。

犬が吠え止む気配がないからといって吠えているときに相手をしてしまうと、

結局犬は「吠えれば大丈夫」という考えから抜け出せなくなってしまいます。

何とかグッとこらえて、吠えてばかりいてはダメなのだということを

しつけとして身につけさせましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。


SEO対策済みテンプレート


犬の種類 トップへ

楽天ウェブサービスセンター

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。